沿革

沿革

昭和30(1955)年 故加藤俊男教授(慶應義塾大学)がパリで開催された第2回神経放射線国際学会に出席した際に、日本の神経放射線学会の発足をFishgold教授からすすめられる。
昭和34(1959)年10月 工藤達之先生(慶應義塾大学)、立入 弘教授(大阪大学)の協力を得て、東京・信濃町のワックスマン財団において、加藤俊男先生を中心とした学会発足の会合が開かれた。
昭和34(1959)年11月 東京・学士会館で準備委員会を開催。東京大学好仁会で第1回神経放射線懇話会が開催された。
昭和47(1972)年
2月19日
現在の日本神経放射線学会の前身となる神経放射線研究会が開催された。
会長は、工藤達之先生。会場は、慶應義塾大学医学部臨床講堂。
その後、年1回研 究会が催され、第1回から第6回までは工藤達之先生が会長を務めた。
第7回から第12回までは久留裕教授(順天堂大学)が会長。第13回からは毎年持ち回りで日本各地で開催されている。
平成11(1999)年2月 札幌で、宮坂和男教授の下で第28回が開催された際に、日本神経放射線研究会より名称を改め、日本神経放射線学会となる。
学会で発表された報告の英文抄録は、Springer社のNeuroradiology誌に毎年掲載される。

歴代事務局代表

  • 1972-1977 慶應義塾大学脳神経外科  工藤達之
  • 1977-1979 東邦大学脳神経外科    吉井信夫
  • 1979-1994 順天堂大学放射線科    久留 裕
  • 1994-1999 慶応大学放射線科     志賀逸夫
  • 2000-2007 順天堂大学放射線科    前原忠行
  • 2007-2013 藤田保健衛生大学放射線科 片田和広
  • 2013-2020 産業医科大学放射線科   興梠征典
  • 2020-    大阪市立大学放射線科   三木幸雄
タイトルとURLをコピーしました